【最新情報とおもしろ情報を30秒で伝えるネットサーフィンメモ】改め【なんだいのネットサーフィンメモ】http://netsurfingmemo.com/

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
time
information
寸言とかいうの、ちっとも寸言ではないという説もございます。
archives
recent comment
recent trackback
search
mobile
qrcode
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - Buzzurl newsing it! FC2ブックマーク お〜い、ホリエモ〜ン、実刑くらったんだって、たいへんだな〜。それにしてもこのアイコン、センスよくないよ。訴えかけるものがない このエントリーを含むはてぶ
【30】模擬投票での首相公選は、ネットの政治活動のWeb2.0だ
びっくり 頼むから、日曜の朝っぱらから選挙演説はやめれ。。。




日本の場合、正月に選挙をすれば、初詣のついでに投票に行くだろうから投票率が上がって一層おめでたいと思うが、選挙制度の関係で実現はムリである。
しかし、ネットで模擬投票なら可能である。

「MySpace.com」は,2008年1月1〜2日に模擬的な米国大統領予備選挙を実施する。
米国の大統領予備選挙は,次期大統領を選ぶ本選挙に先立ち,各政党の候補者を選ぶために実施する一連の選挙。州単位で集計する。実際の投票は,アイオワ州で開催される党員集会(2008年1月14日)とニューハンプシャー州で実施される予備選挙(2008年1月22日)から始まる。各候補者が争う大統領選挙は,2008年11月4日に実施する。

日経より。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070404/267326/?ST=ittrend

なるほど、マイスペースは面白いことを考えたと思う。
若者だって、正月は暇なのだ。

〜同社のデピュティマネージングディレクターである熊澤啓三氏は、「昨今日本においては、無党派層に代表されるような若年層の取り込み重要性が高まっている。その意味においては、政治的活動に関心の高いブログ閲覧者への積極的な働きかけは重要であり、今後の選挙結果を左右する大きな要因になりうることも予想される。また春の統一地方選挙や夏の参議院選挙などにおけるブログやインターネット上のコミュニケーションがどのような影響を及ぼすか、特に政治に携わるすべてのコミュニケーション担当者は注視する必要がある」、と述べている。

CNETJAPANより。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20345959,00.htm?ref=rss

ネットで政治活動というと、政治家の情報発信の視点になりがちだ。
誹謗中傷の危険があるから、Web1.0なのである。
石原慎太郎がブログをやったら、何か恐ろしい誹謗中傷のコメントが書き込まれるに違いないのである。

そういうわけで、政治に関するサイトは今のところ、こんな感じ。

2007統一地方選挙
http://www.senkyo.janjan.jp/special/2007toitsu/list.html

ヤフーみんなの政治
http://seiji.yahoo.co.jp/



しかし、有権者側の視点でいうと、これでは物足りない。
なぜか?

いまは、Web2.0の時代なのですよ。
Web2.0の時代であれば、アゲサゲできないとつまらんではないか。

では政治におけるアゲサゲとは何か?
まさに投票することにほかならない。
ネットで政治活動というんなら、最後はネット上で模擬投票ができるようにしてください。

これ、何といっても面白い。
ブログ中の話題になるし、ネットからリアルな世論にもその話題は波及するだろう。
選挙の投票率は上がることはあっても、下がることはないだろう。

模擬投票であれば出るのは数字である。
数字は政治家を誹謗中傷しない。



模擬投票は、ネットの政治活動のWeb2.0だ。
模擬でいいから首相公選やってください。

実はかなり昔から、いまの憲法のもとで首相公選にできないか、という議論はあった。
しかし、議院内閣制との関連で難しいわけだ。

首相公選
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%A6%96%E7%9B%B8%E5%85%AC%E9%81%B8&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=


そういうわけで、いまは国民が直接、首相を選挙で選べない。
そのせいで、森なんかがうっかり首相に選ばれる。
あれ、もし首相公選なら森なんてあり得ませんから。



模擬投票での首相公選なら可能なわけである。
今のように、選挙前だけ政治のことを真剣に考えているようでは、永久に自民党の天下だろうな・・・・。
そこで模擬投票サイトを開設すれば面白いけど、きっと、恐くて誰もやるまいね。
巨大なコミュニティーサイトがやればいいと思うけど。
もし実現したら、ネットのパワーで政権交代、自公政権の支配は終わりを告げて、ひじょうにめでたい正月が到来する可能性もありますよ。


■人気注目記事へ■

【30】MySpace.comの政治関連コミュニティ「Impact Channel」、ちょっと不安もあるけど悪くない

【30動画】ネットで政治キャンペーン、その危険性を垣間見るような動画が、YouTubeにアップされていますね

最新情報系の人気注目記事

おもしろ情報系の人気注目記事
スポンサーサイト
- | 12:02 | - | - Buzzurl newsing it! FC2ブックマーク お〜い、ホリエモ〜ン、実刑くらったんだって、たいへんだな〜。それにしてもこのアイコン、センスよくないよ。訴えかけるものがない このエントリーを含むはてぶ
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://netsurfingmem.jugem.jp/trackback/71
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

track feed